17. バスケ

ロゴを付けて団結力をアップ

オリジナルのチームTシャツの制作にあたって、
こだわる部分は人によって異なるのではないかと思います。
色にこだわりたいという方もいれば、素材にこだわるという方もいらっしゃいます。
しかし、やはり最も重要なのは、そのTシャツの上のデザインになります。
デザイン次第でその出来が大きく変わってきます。
良いデザインのものができれば選手のモチベーションも高まりますが、
逆に変なデザインのTシャツが出来上がってしまった場合は、
選手の士気や団結力が下がってしまう可能性もあるのです。
 
そんなことを言っていては怖くてTシャツが作れない、
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方におすすめなのが、ロゴを作ってプリントするというものです。
 
バスケットボールチームによっては、ロゴがないところもあるでしょう。
しかし、ロゴがある場合はそのロゴのみをプリントすることで、
クールでおしゃれ、しかもそのチームとわかるTシャツが出来上がります。
 
例えば学校のバスケットボールチームであれば、学校のロゴを入れるのもよいでしょう。
社会人のチームの場合は、会社のロゴを入れたりするのも悪くありません。
地域を代表するチームなのであれば、市のロゴなどをアレンジするのもよいと思います。
チーム自体のロゴがあれば、当然そのロゴをプリントするだけです。
 
中にはカラフルなロゴもありますが、普段のユニフォームとして使うTシャツには、
単色のロゴをプリントするだけでもよいのではないかと思います。
例えば白のTシャツには青や黒、逆に黒字には白や黄色といった、
Tシャツの生地に対して目立つ色で作成すれば、
小さなプリントであってもしっかりと存在感を出すことができます。
 
簡単なプリントで済むのであれば、オリジナルのチームTシャツ製作費も、
比較的安価で済ませることができます。
様々な色を使ったり複雑なデザインのTシャツなどは、
プリント工程で作業が多くなり費用が高くなることもあります。
しかし単純にロゴを入れるだけであれば簡単に済ませられますので、
もともとの価格を抑えることができるのです。
 
すでにロゴを持っているチームは、試しにそのロゴでTシャツを作ってみましょう。
元となるTシャツにもさまざまな色がありますので、
2色で2種類のTシャツを作ってしまえば、
紅白戦などでもビブスの代わりに利用することができます。
低価格で選手のモチベーションや団結力を高めることができますので、
一度オリジナルのチームTシャツの制作を考えてみてはいかがでしょうか?